LOADING
Please turn your device.
この宿を予約する
Reservation
古民家宿るうふ

2022.02.25

店舗情報

旅の幸福時間に沁みわたる北杜の銘蔵・麗しの日本酒

古民家宿るうふ:北杜の銘蔵・麗しの日本酒

八ヶ岳の名水味わう
「七賢」「谷櫻」

峡之家」がある北杜市は、県内随一の名水の里。

八ヶ岳に磨かれた清らかな湧水が生きている日本酒を、ぜひとも味わってみてください。

宿では、この地に長い歴史を刻み、日本酒の美味しさを追求し続ける銘蔵より、選りすぐりの銘柄をご用意しています。

日本酒スパークリングをはじめ、世界の日本酒ラバーを魅了している「七賢」。

自然の摂理に添い昔ながらの伝統的な酒造りで生まれる、辛口の人気銘柄「谷櫻」。

キャラクターの異なるブランドの美酒銘酒を、お料理に合わせてお楽しみください。

土地の上質なお酒は、土地のお料理を最も美味しく彩ります。

 


 

瑞々しく爽やかで軽快
冷やして味わう白州の銘酒
「七賢」

古民家宿るうふ:冷やして味わう白州の銘酒「七賢」

名水の里として知られる白州町で、13代、300余年の歴史を刻んできた老舗、山梨銘醸株式会社が手がける「七賢」。

甲斐駒ケ岳の伏流水で仕込み、この水の美味しさを体現すべく追求された七賢は、どれも口に含んだ時の潤い、瑞々しさ、爽やかさ、軽快さが感じられるのが魅力です。

麹と造りに丁寧に時間をかけじっくり香りを引き出す一方、絞りたてのフレッシュなお酒をすぐに瓶詰めし、最高な状態で仕上げるという革新的なスタイルが生み出す、瑞々しくジューシーな吟醸香。

乾杯のシーンにぴったりの “スパークリング日本酒” は、どんな料理も華やかに彩り、日本酒の魅力を深く広く楽しませてくれます。

土地の水、土地の高品質な酒米、そして土地の人の手による白州の地酒。伝統と革新が生み出す魅惑の美酒をご堪能ください。

 


 

《 峡之家 セレクション 》

古民家宿るうふ:峡之家 セレクション

(左より)
純米大吟醸 絹の味
柔らかな口当たりと上品な華やかさで食事によく合う1本。大吟醸特有のフルーティーな香りはやや控え、すっきり爽やかな口当たりに仕上がっているので普段のシーンで楽しめる、食卓の大吟醸。

純米吟醸 天鷲絨(ビロード)の味
切れのいい果実味と軽快な酸味をもった七賢定番のお酒。丁寧な長期低温発酵管理により爽やかな口当たりと軽やかな吟醸香が引き出され、飲みやすくも華のある、ファンの多い人気の1本。

七賢スパークリング 山ノ霞
うっすらと霞のように舞う澱の中に立ち上る、瓶内二次発酵ならではのきめ細かい泡、フルーティな吟醸香。オリをあえて残すことによって、麹の甘味とまろやかな酸味が活かされているスパークリング日本酒。

 

山梨銘醸株式会社
山梨県北杜市白州町台ヶ原2283
0551-35-2236(代)

 


 

自然の恵みと伝統の技
料理に寄り添う”甲斐の地酒”
「谷櫻」

古民家宿るうふ:料理に寄り添う”甲斐の地酒”「谷櫻」

嘉永元年(1848年)創業。八ヶ岳の壮大な自然と、蔵元の深井戸にこんこんと湧く八ヶ岳南麓高原湧水群の伏流水の恵みにはぐくまれ、愛され続けている「谷櫻」。

「味は米、香りは酵母、口当たりは水質」と、自社で磨いた酒米のみを使い、お酒造りの原点といわれる昔ながらの「生酛造り」で醸造されている、蔵人の技光るこだわりのお酒です。

その味わいは、自然の力感じる野生味がありながら雑味のないすっきり辛口の、どんな料理も美味しく引き立てる名脇役。

峡之家」でも、蔵つき酵母のはたらきによって自然の力を生かし醸された本醸造「櫻守」など、手から手へと受け継がれてきた本物の味をお楽しみいただけます。

風土を纏い、人にやさしく、自然にやさしい、甲斐の地酒。

25年ぶりの杜氏交代となる今年から、徐々に新酒になっていく新杜氏の味も楽しみです。

 


《 峡之家 セレクション 》

古民家宿るうふ:

(左より)
純米吟醸 谷櫻
酒造好適米を55%に磨き、米の自然な旨味を生かした、口当たりなめらかな味わいの純米吟醸。「谷櫻」人気の定番。

生酛造り本醸造 櫻守
生酛仕込みならではの濃醇で腰の強い本醸造。冷や常温ではさっぱりとした口当たり、燗では旨みがぐっと引き立ちます。鍋やコクのある料理にも好相性。

<季節限定> 谷櫻 飲んだ甲斐
もろみを粗くこし、熱処理せずに生のまま瓶詰めされた1本。酵母がビンの中で生きているため、ビン内微発酵のシュワシュワとした食感とほどよい甘さが魅力で、女性に人気。

このほか、お食事ともよく合う 甘さ控えめ辛口の梅酒もございます。「谷櫻」ならではの力強い味わいをお楽しみください。

 

谷櫻酒造有限会社
山梨県北杜市大泉町谷戸2037
TEL.0551-38-2008

 

宿のページに戻る